<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今週の博物館 3月28日〜4月2日

0

    今週( 3月28日〜4月2日)の博物館ニュースをお伝えします。

    今年は桜の花がなかなか開きませんが、博物館ではこの一年大事に育ててきた花がいろいろ咲こうとしています。

    ○世界中の文化遺産を紹介する「Google Arts&culture」に「八代焼/高田焼」が掲載されました。

     3月23日より全世界へ公開。当館が所蔵する八代焼等が多数掲載されています。制作にあたっては当館の新人学芸員宮原が頑張りました。八代焼の精緻で古雅な魅力に目を見張る出来ばえとなっております。ぜひご覧ください。Google Arts&culture 「日本の匠」八代焼/高田焼

     

    ○常設展示室に写真家麦島勝さんの作品を展示するコーナーを設けました。

     当館では、八代出身の写真家麦島勝さんの写真資料約4000点を保存・活用するため、平成27年度から3ヶ年計画で資料情報を調査・整理、デジタルデータ化し、博物館ホームページを通じて全国に公開する「麦島勝撮影写真デジタルアーカイブ事業」を進めています。麦島さんの作品とこの事業を広くご紹介するため、3月28日より常設展示室の一角に麦島さんの写真コーナーを設けました。季節ごとにテーマを替え展示していく予定です。どうぞお楽しみに。「写真家麦島勝の世界」の展示について(博物館ホームページ)

     

    ○「やつしろ文化遺産ガイドブック 八見伝(はっけんでん)」を博物館受付でも販売します。

     この3月に市文化振興課より発行された「やつしろ文化遺産ガイドブック 八見伝」(1冊400円、200ページ、オールカラー)を博物館受付でも販売します。八代に残るさまざまな文化遺産が年代順に掲載され、八代の歴史をわかりやすくたどることができる内容となっています。マップも充実。ぜひお買い求めください。やつしろ文化遺産ガイドブックについて(八代市ホームページより)

    ※郵送のご希望・内容に関するお問合せは発行元の文化振興課へお問合せください(0965−33−4533)

     

    ○4月21日から開催する「円山応挙ー京都相国寺と金閣・銀閣の名宝展ふたたび」のポスターができました。

     昨年、開会式前夜の地震によりやむなく中止となりました「円山応挙」展を、ふたたび同じ内容で開催する運びとなりました。格別のご厚情を賜りました相国寺承天閣美術館の皆様と本展の開催を待ち望んでくださいました多くの皆様に心より感謝申し上げます。復興への願いを込めに込めて準備にあたっています。どうぞお楽しみに。平成29年度春季特別展覧会「円山応挙―京都相国寺と金閣・銀閣の名宝展ふたたび」について

     

     

     

    八代市立博物館未来の森ミュージアム

     

     

     

     

    mirainomori * 博物館からのお知らせ * 23:57 * - * -

    市民ギャラリー 日本習字かきぞめ展示会

    0

      日本習字かきぞめ展示会

      3月25日(土)26日(日)

      博物館2階 特別展示室    入場無料

      9時〜17時(26日は15時まで)

      主催 日本習字かきぞめ展示会実行委員会

      ぜひご来場ください。

       今年の一字だそうです。

       

       

      八代市立博物館未来の森ミュージアム

      0965-34-5555

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

      mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 12:45 * - * -

      今週の博物館 3月22日〜26日

      0

        今週(3月22日〜26日)の博物館の展示をご案内します。

        ○特別展「笠鉾大解剖2」は3月20日好評のうちに終了しました。

         たくさんの皆様にご来場いただき、まことに有難うございました。会期中の入館者数は2,663人(例年の3割増し!)で、ユネスコ無形文化遺産登録に対する関心の高まりの表れだと思います。これを励みに、引き続き、妙見祭関連の展示に努めてまいります!

         

        ○日本習字かきぞめ展 (2階特別展示室、入場無料)

        3月25日(土曜日)〜3月26日(日曜日) 9時〜17時(最終日は15時まで) 

        日本習字かきぞめ展示会実行委員会さまによる書道展で、約150点が展示予定されます。

         

        ○新収蔵品展 (1階常設展示室) 

        3月14日(火曜日)〜4月16日(日曜日) 近年新しく博物館に寄贈・寄託を受けた八代ゆかりの作品を中心に、ふるさとの魅力あふれる逸品を一挙に公開します。http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036754/index.html   

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_new.html

        明治時代に活躍した八代の金工師釘谷洞石作品の展示です。江戸時代の肥後金工の系譜をひく金工師で、超絶技巧のすぐれた技術をもった作家ですが、現存作例が少なく貴重な作品群です。ご寄託いただきましたご所蔵者の方に対し、厚くお礼申し上げます。

         

         

        ○常設展示室 以下の展示は3月26日まで。お見逃しなく!!

        【妙見祭】笠鉾のヒミツ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/miyoken/himitu.pdf

        【考 古】祈りのかたち http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/07.html

        【古文書を読む5】西山宗因の世界 http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/05.html

        【信仰のかたち】  八代の仏像・仏具 http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/12.html

        【民 俗】むかしの道具 http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex113.html

        【和 紙】千代紙 http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/11.html

         

        というわけで、常設展示の様子を少しご案内します。

        「笠鉾のヒミツ」より。手前に見える「元文三年」という墨書は、9基の笠鉾の数千ある部材のうち、もっと古い年号です。笠鉾「菊慈童」の箱。元文三年=1738年。

         

        「祈りのカタチ」より。平安時代(9〜12世紀)に作られた小型の仏塔。左が粘土を焼いて作られた瓦塔(がとう)、右が粘土で作った泥塔(でいとう)です。小さくて素朴ながら、真摯な祈りが感じられて、胸打たれる作品です。

         

        「西山宗因の世界」より。寛文元年(1661)の「伊勢法楽連歌懐紙」。流麗な文字の美しさもさることながら、料紙に雲母刷(きらず)りされた梅樹文と龍文がプリティ〜〜〜♪ ぜひ、見つけてみてください♪

         

        「千代紙」より。華やかです。心躍る花柄がいろいろ展示されています。

         

        「昔の道具」より。白黒テレビが博物館に展示されるようになるとは! と感慨深い方もおられるでしょう。ええ、私の小さいときはもうカラーでしたケド。とはいえ、昭和がどんどん遠ざかっていきますね。遠い目・・・。

         

        「八代焼4 文人が愛した道具〜文房具と香炉〜」より。こちらは4月2日までの展示です。ひそかに気に入っている「焼締仙人形香炉」は、仙人の口からお香の煙が出る趣向。表情や足の親指が立っているところなどが面白い! こんなの机の上にあったら楽しそう! http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/03.html

         

        八代の先人たちが残したさまざまな形やそれらが伝える八代の歴史を、楽しんでご覧いただければ幸いです。

         

         

        博物館ホームページ  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

         開館時間  9時00分〜17時00分(入館は16時30分まで) 休 館 日   毎週月曜日 

        博物館友の会入会受付中 http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

         

        mirainomori * 常設展 * 16:29 * - * -

        今週の博物館 3月14日〜3月19日

        0

          今週 (3月14日〜3月19日)の博物館の催しをご案内します。

          ○第2常設展示室を展示替えしました。

          近年の寄贈・寄託品による 新収蔵品展 」 3月14日(火)〜4月16日(日)

           くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036754/index.html

           博物館では、八代の歴史や文化に関するさまざまな情報を収集しています。そうした活動の中で、所蔵者の方から研究や展示に役立ててほしいと寄贈や寄託のお申し出をいただくことがあります。こうした貴重な品々を大切にお預かりするとともに、公共の財産として広くその価値を知っていただくため、定期的に展示を行っています。

           今回の展示では、江戸時代の終わりから明治時代のはじめにかけて活躍した絵師安藤雲桂(あんどううんけい)や、郷土の偉人として最近テレビドラマ化された種山石工橋本勘五郎にまつわる史料、八代の干拓の進展を示す絵図、明治時代に八代で活躍した超絶技巧の金工師釘谷洞石(くぎたにどうせき)の作品など、興味深くご覧いただける内容となっています。ぜひご覧ください。

           http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_new.html

           

           

          ○冬季特別展覧会「笠鉾大解剖2 〜これぞ町印!本町本蝶蕪〜」 特別展示室にて いよいよ3月20日まで。お見逃しなく〜‼ くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/2016_win.html

           

           

          八代市立博物館未来の森ミュージアム

          休館日:3月21日(火曜日) ※3月20日(月曜日・祝日)は開館します。

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

          ○博物館友の会の新年度(29年度)の入会受付中。

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

          mirainomori * 博物館からのお知らせ * 19:11 * - * -

          見比べてみませんか? 〜青貝細工の ”桜” 競演〜

          0

            展示室より作品紹介 〜青貝細工の” 桜 ”競演〜

             

             ただいま、博物館2階の特別展示室では冬季特別展「笠鉾大解剖2〜これぞ町印!本町本蝶蕪〜」展を開催中です。展示品のなかでも、皆様の注目を集めているのが「伊達板(だていた)」という本蝶蕪の装飾品。笠鉾の笠の下にはめる欄間状の長方形の板で、6枚あり、それぞれに・梅・菊・薔薇・牡丹、紅葉が、貝の薄片を切り抜いて表されています。この技法は螺鈿細工の一種で「青貝細工(あおがいざいく)」とも呼ばれ、下地に赤や黄色の伏彩色が施されているのが特徴です。

             青貝細工は、長崎で制作され、幕末から明治にかけて人気を博し、国外にも大量に輸出されました。笠鉾「本蝶蕪」の青貝細工は文化7年(1810)の制作。青貝細工の制作年が明らかなものでは国内最古!という貴重な作例です。当時の本町の商人たちが、財を投じて、最先端の流行を取り入れたことをうかがわせます。

             

             一方、1階の松井文庫常設展示室では、「松井文庫后,姫さまの婚礼道具」展を開催中。ここにも、青貝細工の作品があります。松井家10代章之(てるゆき)公の夫人琴姫が用いていた机です。机の天板から脚の側面まで全面に満開のがあらわされた机です。わたくしなぞ、見るたびにその美しさに見とれてため息をついています。琴姫が章之公に輿入れされた天保9年(1839)頃の制作と考えられています。

             30年ほど制作時期が異なるこの2つの青貝細工。作者が違うので当然ではありますが、前者はより絵画的で瑞々しく、後者はより形式化が進みつつ洗練度が増している、といった違いがみられます。2つの時期の青貝細工を見比べてみることができる、という贅沢な体験ができるのは、「お姫さまの婚礼道具」展が終了する3月12日まで。ぜひ、体験してみてください。

             

            【参考図書】「日本の美術第427号 海を渡った日本漆器供18・19世紀)」(2001年12月15日発行、至文堂)

             

             

            今週 (3月7日〜3月12日)の博物館の催しをご案内します。

            ○「松井文庫后,姫さまの婚礼道具」開催中。第2常設展示室にて、3月12日まで。くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/women/2017.html

              【松浜軒の関連展示】「松井家の雛祭り/香道具と文房具」 松浜軒内展示室にて、3月20日まで。くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0035365/index.html

             

            ○冬季特別展覧会「笠鉾大解剖2〜これぞ町印!本町本蝶蕪〜」開催中。特別展示室にて、3月20日まで。くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/2016_win.html

             

            ○こども講座「小銅鐸を作ろう!」を3月11日(土)に開催します。 定員に達しました。お申込み有難うございました。

             

             

            八代市立博物館未来の森ミュージアム

            休館日:毎週月曜日

            http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

            ○博物館友の会の新年度(29年度)の入会受付中。

            http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

            mirainomori * 特別展 * 08:00 * - * -

            今週の博物館 2月28日〜3月5日

            0

              今週 (2月28日〜3月5日)の博物館の催しをご案内します。

              ○「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」がいよいよ今週末(3月5日)までです。

               当館エントランスに「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」スタンプラリーのスタンプがおいてあります。スタンプを集めて豪華賞品をゲットしてください。「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」について くわしくはこちら⇒ http://kinasse-yatsushiro.jp/events/detail/57/     ※期間限定お雛ランチ・スイーツの情報はこちら⇒ http://ohinamatsuri.com/lunch.html

               

               【博物館の関連展示】「松井文庫后,姫さまの婚礼道具」開催中。第2常設展示室にて、3月12日まで。

                くわしくはこちら⇒http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/women/2017.html

               【松浜軒の関連展示】「松井家の雛祭り/香道具と文房具」 松浜軒内展示室にて、3月20日まで。

                くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0035365/index.html

               

              ○冬季特別展覧会「笠鉾大解剖2〜これぞ町印!本町本蝶蕪〜」開催中。特別展示室にて、3月20日まで。くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/2016_win.html

               

              ○オカメサクラ、開花中。

              博物館西側にある並木道では、可憐な花が見ごろを迎えています。オカメサクラといい、ヒカンサクラとマメサクラの交配種で、樹高が低く、下向きに花をつける桜だそうです。思わず、足を止めて見入ってしまう、かわいらしさです。もうすぐ春ですねぇ。

               

               

              ○特別講演会「江戸時代における熊本・八代の法度と犯罪」を開催しました。

               2月26日、熊本大学文学部の安高先生をお招きし、「江戸時代における熊本・八代の法度と犯罪」 という演題でご講演いただきました。たくさんの方にご聴講いただき、有難うございました。

               拷問についての説明もあり、翌日、BSで放送されていた時代劇「鬼平犯科帳」を見たら、冒頭から「石抱」という拷問の場面でした。角を上にして並べた角材の上に正座させられ、上に板状の石の重しを積まれる拷問です。講演によれば、あの石は、伊豆石といい、約25キロあり、拷問を受ける罪人は、ほぼ死刑相当の罪人で、この拷問で自白をしなくても結局は自白したことにして、刑が確定されるそう。でも、拷問中に死なせてしまうと役人のほうが処罰されてしまうので、死なせないよう加減したそう。。。ドラマでは重しは8枚。脛から血がしたたり落ちる迫真の演出! ゾ〜ッとしましたが、厳しい刑罰の中にも近代的な刑法のめばえがあり、江戸時代は成熟した法治国家だったということが、さまざまな資料からわかるそうです。たいへん興味深いご講演でした。

               

               

              八代市立博物館未来の森ミュージアム

              休館日:毎週月曜日

              http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

              ○博物館友の会の新年度(29年度)の入会受付中。

              http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

              mirainomori * 博物館からのお知らせ * 15:25 * - * -

              今週の博物館 2月21日〜26日

              0

                今週 (2月21日〜26日)の博物館の催しをご案内します。

                ○特別講演会「江戸時代における熊本・八代の法度と犯罪」を開催します。

                熊本・八代の歴史について理解を深めていただくため、下記のとおり特別講演会を開催します。講師に熊本大学文学部の安高先生をお迎えし、江戸時代の熊本・八代の歴史を司法・刑罰という観点からお話いただきます。聴講無料で、どなたでもご参加いただけます。ご来場お待ちしております。 http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036696/3_6696_9787_up_hrxbkcqn.pdf

                と き 平成29年2月26日(日) 14時00分〜15時30分
                ところ 博物館講義室

                演 題 「江戸時代における熊本・八代の法度と犯罪」   

                講 師 安高啓明氏(熊本大学文学部歴史学科准教授) 

                ※聴講無料 先着80名まで(事前申込不要) 

                 

                画像は「八代城間取図」(本館蔵、八代市指定文化財)に記された会所(かいしょ)部分。会所は八代町奉行の執務場所で、現在の八代市役所北西にありました。会所の隅に4間×2間、3間×2間の牢屋が2棟あったことがわかります。当時、どんな犯罪が発生し、どのように刑罰を科すことになっていたのでしょう? 興味深いテーマです。

                 

                ○冬季特別展覧会「笠鉾大解剖2〜これぞ町印!本町本蝶蕪〜」開催中。特別展示室にて、3月20日まで。

                くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/2016_win.html

                ○「子ども講座」の申し込みを受け付け中。※まだ若干の空きがあります。

                と き 3月11日(土曜日)午前の部/午後の部 

                くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/bunka/kiji0035783/index.html

                ○「松井文庫后,姫さまの婚礼道具」開催中。第2常設展示室にて、3月12日まで。

                くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/women/2017.html

                あわせて、松浜軒の展示(松井家の雛祭り/香道具と文房具)もごらんください。

                くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0035365/index.html

                ただいま、「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」のスタンプラリー実施中(3月5日まで)。当館エントランスにスタンプがおいてあります。スタンプを集めて豪華賞品をゲットしてください。「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」についてくわしくはこちら⇒ http://kinasse-yatsushiro.jp/events/detail/57/

                ○博物館友の会の新年度(29年度)の入会受付中。

                http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

                 

                八代市立博物館未来の森ミュージアム

                休館日:毎週月曜日

                http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                mirainomori * 博物館からのお知らせ * 13:01 * - * -

                高校生が八代城のCG制作

                0

                  昨年の6月、このブログに「何やら実験中〜」との記事を載せました。その成果が、このたび、ついに発表されました!

                  八代工業高等学校インテリア科の生徒さん達が、当館の八代城模型を利用した八代城のCGを制作されたのです。

                   http://sh.higo.ed.jp/yatuths/matsuejyou/

                  同校のHP↑で紹介され、早くも新聞等↓に大きく取り上げられるなど反響を呼んでいます。

                   http://kumanichi.com/news/local/main/20170218001.xhtml

                   

                  早速、制作したパネルを当館にもご寄贈いただきました。有難うございました。

                   http://sh.higo.ed.jp/yatuths/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=1300&comment_flag=1&block_id=249#_249

                   

                  制作されたCGの写真は、19日までゆめタウンで開催されている八代工業高等学校作品展でも展示されています。

                  模型写真と合成後の写真が並んでおり、苦労の跡がうかがえます。これにより、八代城が往時どんな城だったかをイメージすることが容易になります。この快挙を多くの方にごらんいただきたいです!!

                  当館の八代城模型は、開館当初からあるもので精巧にできており、いつかこうした活用ができないかと夢見ていました。それが八代の若者たちによって実現できた!というのが、じつはたいへん嬉しいです。

                   同校のHPをぜひごらんください。 http://sh.higo.ed.jp/yatuths/matsuejyou/

                   

                   

                  mirainomori * 常設展 * 23:14 * - * -

                  今週の博物館 2月14日〜19日

                  0

                    今週 (2月14日〜19日)の博物館の催しをご案内します。

                    ○冬季特別展覧会「笠鉾大解剖2〜これぞ町印!本町本蝶蕪〜」開催中です。特別展示室にて、3月20日まで。

                    くわしくはこちら⇒http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/2016_win.html

                     

                    ○「古文書講座〜上級編〜」 2月の開講日は18日(土)です。

                    と き 2月18日(土曜日)14:00〜15:30 

                    ところ 博物館講義室   

                    講 師 蓑田勝彦氏(八代古文書の会主宰)  

                    江戸時代の八代に関わる古文書を解読しながら、当時の歴史を学んでいます。毎月第3土曜日に開講しています(月によって変更もあり)。古文書をある程度読める方が対象ですが、まずはご見学からでも可能。受講ご希望、詳細を知りたい方は博物館(34−5555)にお問合せください。

                     

                    ○「子ども講座」の申し込みを受け付け中です。

                    と き 3月11日(土曜日)午前の部/午後の部 

                    くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/bunka/kiji0035783/index.html

                     

                    ○「松井文庫后,姫さまの婚礼道具」開催中です。

                    2月11日(土)から「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」がはじまりました(〜3月5日)。当館では、関連展示として「お姫さまの婚礼道具」を1階にて展示中です(3月12日まで)。当館エントランスに当イベントのスタンプラリー・スタンプがおいてあります。スタンプを集めて豪華賞品をゲットしてください。

                    「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」について 

                    くわしくはこちら⇒ http://kinasse-yatsushiro.jp/events/detail/57/

                    「松井文庫后,姫さまの婚礼道具」について 

                    くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/women/2017.html

                    あわせて、松浜軒の展示(松井家の雛祭り/香道具と文房具)もごらんください。

                    くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0035365/index.html

                     

                    ○博物館友の会の新年度(29年度)の入会受付中です。

                    冬季展ご観覧の際にでも、受付にお立ちよりください。

                    http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

                     

                    【ご報告】

                    2月12日(日曜日)の冬季特別展講演会は終了しました。

                    たくさんの方にご参加いただき、まことに有難うございました。

                    2月13日(月曜日)、館内で消防訓練を実施しました。

                    館内から出火したという想定で、消防署への通報、初期消火、避難誘導等の訓練を実施しました。あわせて、消火器の取り扱い訓練、消火栓やAEDの使い方研修を行ったほか、地震や救急車要請時の対応について確認し、防災設備の総点検を行いました。大切な文化財と観覧者の皆様の安全を守るため、職員一同改めて気を引き締めました。

                     

                    八代市立博物館未来の森ミュージアム

                    休館日:毎週月曜日

                    http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                    mirainomori * 博物館からのお知らせ * 08:53 * - * -

                    今週の博物館 2月7日〜12日

                    0

                      今週 (2月7日〜12日)の博物館の催しをご案内します。

                      ○冬季特別展覧会「笠鉾大解剖2〜これぞ町印!本町本蝶蕪〜」開催中です。特別展示室にて、3月20日まで。

                      くわしくはこちら⇒http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/2016_win.html

                       

                      ○NHKラジオ公開生放送「旅ラジ!」が本館で収録されます。

                      と き 2月8日(水曜日)12時30分〜12時55分 

                      ところ 博物館講義室

                      くわしくはこちら⇒http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036731/index.html

                      11時30分のリハーサルからご見学できます。事前申込は不要です。席に限りがあります(50席程度)ので、先着順となります。ご了承ください。

                       

                      ○「子ども講座」の申し込みを2月10日(金曜日)から受け付けます。

                      と き 3月11日(土曜日)午前の部/午後の部 

                      くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/bunka/kiji0035783/index.html

                       

                      ○「松井文庫后,姫さまの婚礼道具」を開催中です。

                      2月11日(土)からはじまる「城下町やつしろのお雛祭り/ひなぐ雛祭り」(〜3月5日)の関連展示です。当館は当イベントのスタンプラリーのスタンプポイントです。

                      くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/women/2017.html

                      あわせて、松浜軒の展示(松井家の雛祭り/香道具と文房具)もごらんください。

                      くわしくはこちら⇒ http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0035365/index.html

                       

                      ○冬季特別展覧会の特別講演会を開催します。
                      と き 2月12日(日)10:30〜12:00
                      ところ 博物館講義室
                      演題 「ユネスコ無形文化遺産登録 山・鉾・屋台行事の中の八代の笠鉾 〜笠鉾本蝶蕪を中心に〜」
                      講 師 早瀬輝美(本館学芸員)
                      備 考 事前申込不要 定員80人 聴講は無料
                       

                      ○博物館友の会の新年度(29年度)の入会受付がはじまりました。

                      冬季展ご観覧の際にでも、受付にお立ちよりください。

                      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

                       

                       

                       

                       

                      mirainomori * 博物館からのお知らせ * 17:00 * - * -
                      このページの先頭へ