<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

秋季特別展「ザ・家老 松井康之と興長」展 図録のご紹介

0

     10月19日から始まった秋季特別展「ザ・家老 松井康之と興長」は、松井康之と興長の忠義のあり方を通して、それが細川家の成立と存続どのような意味を持ったのかを見ていただこうというものです。出品作品71点の写真・解説等を掲載した展示図録( A4版・124頁・1500円)を発行しています。

     八代にゆかりのある武将たちが、激動の戦国時代をどのように生き抜いたのか。信長や秀吉、家康といった歴史上の著名な人物に関わる作品や、当時の様子を生々しく伝える史料が多数収録されています。博物館受付にてお求めいただけます。郵送ご希望の方は、現金書留にて代金と送料をお送りください。http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/museum_shop/books.html

    【収録内容】

    ・出品作品71点の写真・解説・釈文

    ・総論「松井康之と興長の忠義」(当館学芸員林千寿)

    ・特別寄稿「松井興長の諫言−その論理と役割−」(熊本大学永青文庫研究センター教授稲葉継陽氏)

    ・松井康之・興長略年表

     

    各論考の内容をちょっとご紹介しましょう。

    ○「松井康之と興長の忠義」より

    犠尚羚之の忠義 1将軍足利義輝・義昭に仕える 2細川藤孝の家臣となる 3戦陣での活躍 4秀吉から厚遇される 5忠義を貫く 6細川家分裂の危機 7報われた忠義

    蕎尚羔縦垢涼薺繊1家督相続 2忠利の藩政を支える 3島原の乱での動き 4八代隠居領の解体 5公儀奉公としての八代城守衛 6幼君綱利を守り立てる 

    ○「松井興長の諫言−その論理と役割−」より

    1諫言の重層構造 2諫言の公的性格と目的−藩主の人格形成と先例主義− 3興長諫言の機能と歴史的役割 

       

     興長が粉骨した諫言の主旨が細川家中の規範として重んじられ、肥後藩の藩政の骨格となり、19世紀に向かっての地域行政の展開に道を開いたと稲葉先生は書いておられます。今につながっているのですね。

     たくさんの方にじっくり見ていただきたい展覧会です。11月25日まで。

     

    http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2018/2018_aut.html

     

    mirainomori * 特別展 * 10:17 * - * -

    秋季特別展「ザ・家老」展、開幕しました!

    0

      平成30年10月19日(金)、本年度の目玉事業である秋季特別展「ザ・家老 松井康之と興長 」展が無事、開幕の日を迎えました。担当者にとっては、数年前からこの日のために様々な準備を重ねてきたわけですから、開会式後の展示解説にも熱が入ります。戦国時代の緊迫した空気を伝えるなまの史料がズラリと並んでいることが何よりのみどころ。松井康之と興長の生きた時代がありありと感じられる展覧会になったと思います。

      テープカット、見事に決めていただきました。

      第1章 松井康之の忠義 貴重な肖像画が並びます。

      国指定重要文化財「織田信長黒印状」が並びます。

      康之が足利義昭から拝領した朱柄の槍や刀剣(2口)も拵とともに展示。

       

      第2章 松井興長の忠義 興長肖像が着用している陣羽織が現存しています。

      こちらは天草島原の乱を描いた屏風。先日、歴史秘話ヒストリアで紹介された作品です。

      本展では、松井康之と興長の生涯を古文書や絵画作品など71点からたどります。わかりやすいように「人生すごろく」も作ってみました。2人の生きざまは、まさに、これぞ家老!というにふさわしい生き方でした。八代ゆかりの武将たちが、戦国時代にどのような活躍をし、何を重んじ、何を忠義と考えていたのか、その生きざまには現代人も学ぶべき点が多いように思われます。皆さんはどうお感じになるでしょうか。ぜひご覧ください。

       

      子どもさんにも楽しくご覧いただけるよう缶バッチがもらえるワークシートもご用意しています。

       

       

      秋季特別展覧会『ザ・家老 松井康之と興長 〜細川家を支え続けた「忠義」〜』

      会期 平成30年10月19日(金)〜11月25日(日)

      会場 八代市立博物館未来の森ミュージアム

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2018/2018_aut.html

       

       

       

      mirainomori * 特別展 * 14:54 * - * -

      常設展示室の各コーナーを展示替えしました。

      0

        この10月初旬、博物館1階の常設展示室は展示替えラッシュでした。各コーナーの展示内容が変わっていますので「こないだ見た」という方も「その展示はもう変わっている」ので、また見に来てくださいネ。

        ○八代焼コーナー「文房具と香炉」から「茶の器」へ

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/03.html

        ○金工コーナー「肥後拵の魅力分析」から「肥後鐔鑑賞入門」へhttp://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/04.html

        ○考古コーナー「古代の八代」から「弥生時代の八代」へ

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/07.html

        ○写真家麦島勝の世界コーナー「子どもは宝」から「どこにでも道はある」へ

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/mugishima.html

        ○古文書を読むコーナー「石工 橋本勘五郎」から「冨岡家文書と河俣塗」へ

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/05.html

        ○和紙コーナー「ペーパークラフト切組灯籠」から「さまざまな和紙の用途」へ

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/11.html

         

         

        写真は「富岡家文書と河俣塗」の展示紹介です。

        江戸時代末期から明治にかけて、八代郡河俣村(現八代市東陽町河俣地区)で生産されていた「河俣塗」について、この機会に興味を持っていただければ幸いです。

         

        【この作品にご注目!】

        「冨岡家文書と河俣塗」展示資料の中に、明治10年(1877)8月21日〜11月30日に東京・上野公園で開催された第1回内国勧業博覧会に河俣塗を出品した際に発行された褒状があります。当時、内務卿を務めた大久保利通や町田久成(東京国立博物館初代館長)、前島密(郵便制度の創設者)らの名が見えます。明治10年といえば西南戦争が起こった年。また、大久保利通が暗殺されたのはこの翌年のこと。ぜひご注目ください。

         

        八代市立博物館未来の森ミュージアム

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

         

        mirainomori * 常設展 * 16:39 * - * -

        平成30年度八代市文化祭 「八美展」 開催中です。10月8日(月・祝)まで。

        0

          ただいま、平成30年度八代市文化祭 「八美展」 開催中です。10月8日(月・祝)まで。

           会期 10月2日(火)〜10月8日(月・祝)

           会場 八代市立博物館未来の森ミュージアム特別展示室

           主催 八代市・八代市教育委員会・八代市文化協会

           主管 八代美術協会

           時間 9時〜17時(最終日は16時まで)

           ※入場無料

           市博物館を会場とする本年度八代市文化祭のいよいよ最後となる「八美展」です。ぜひご来場ください。

           ※デッサン会のご案内

           日時 10月4日(木)13:30〜16:30

           会場 市博物館講義室   内容 人物デッサン(着衣) モデルは立迫なぎささん

           参加料 無料

           持参するもの 画用紙またはスケッチブック、画用鉛筆、コンテ、パステル、画用木炭、練消しゴム、イーゼル

                  ※パステル、画用木炭ご使用の方は敷物をご持参ください。 

           参加者 一般の方を含む希望者 (会場受付にてお申込みください)

           

          ちょうど、1階常設展示室では、八代城主松井家に伝来した、いにしえの天皇や公家の美しい書を展示しています。あわせてご覧いただければ幸いです。常設展示は有料ですが、中学生以下の方は無料です。

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/kohitsu/2018kohitsu.html

           

          八代市立博物館未来の森ミュージアム

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

          mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 11:20 * - * -

          平成30年度八代市文化祭 「八代書道連盟展」 開催中です。9月30日(日)まで

          0

            ただいま、平成30年度八代市文化祭 「八代書道連盟展」 開催中です。9月30日(日)まで。

             会期 9月26日(水)〜9月30日(日)

             会場 八代市立博物館未来の森ミュージアム特別展示室

             主催 八代市・八代市教育委員会・八代市文化協会

             主管 八代書道連盟

             時間 9時〜17時(最終日は16時まで)

             ※入場無料

            白鷗八代支部、中九州書道会、あかつき書道会、翠光書道会、八代書学院、青蘭書道会の皆さんによる作品展です。ご来場の方には書を書いたはがきの配布や、くじを引いて先生の色紙があたるお楽しみもご用意されています。ぜひご来場ください。

             

            ちょうど、1階常設展示室では、八代城主松井家に伝来した、いにしえの天皇や公家の美しい書を展示しています。あわせてご覧いただくと、書の世界がいっそうお楽しみにいただけると思います。常設展示は有料ですが、中学生以下の方は無料です。書道を学んでいる子どもたちにぜひ見てほしい展示です。

            http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/kohitsu/2018kohitsu.html

             

            八代市立博物館未来の森ミュージアム

            http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

             

            mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 11:55 * - * -

            常設展示室の金工コーナーを展示替しました。!

            0

              9月24日に終了した常設展示室金工コーナー「肥後拵の魅力分析」はたくさんの方にご観覧いただき、誠に有難うございました。9月26日より、同コーナーでは下記の内容を展示していますので、ぜひご覧ください。

               

              くまもとの金工掘嶌拈郢虻悗犯代―肥後鐔鑑賞入門―」
               会期 平成30年9月26日(水)〜12月9日(日)
               会場 八代市立博物館未来の森ミュージアム1階常設展示室
               概要 八代で晩年を過ごした細川三斎は、すぐれた武将であり、茶の湯をはじめ、和歌や能楽、絵画に通じた文化人でもありました。三斎の美意識は武具や刀装具のデザインにも発揮され、三斎が好んだスタイルが細川家の御家流として尊重されました。
               三斎について八代に来た平田彦三、彦三の弟子西垣勘四郎、彦三の甥志水仁兵衛ら金工職人によって、肥後金工が発展しました。
               この展示では、当館が収蔵する肥後鐔を展示し、各流派の特徴や材質の違い、鉄味の比較など鑑賞のポイントをご紹介します。

              (むふふ、鐔でポスター作るとかっこいいなぁ Wordで作ってますv)

               

              八代市立博物館未来の森ミュージアムホームページ 金工ページ

              http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/04.html

              mirainomori * 常設展 * 19:37 * - * -

              特別講演会「西南戦争と八代−視点を変えれば見えてくる!−」開催のご案内

              0

                特別講演会

                演題「西南戦争と八代 −視点を変えれば見えてくる!−」

                日時 平成30年9月29日(土) 14時〜15時30分

                講師 三澤 純 氏(熊本大学文学部准教授)

                場所 博物館講義室

                聴講料 無料

                定員 先着80名まで(事前申込不要)

                内容「西郷どん」をリーダーとして起った西南戦争。このとき八代では何が起きたのか。古文書などから分かりやすく読み解きます。

                mirainomori * 講演会・イベント * 20:02 * - * -

                平成30年度八代市文化祭 「白竜会書道展」  開催中〜9月24日まで

                0

                  ただいま、平成30年度八代市文化祭 「白竜会書道展」 開催中です。9月24日(月・祝)まで。

                   会期 9月19日(水)〜9月24日(月・祝)

                   会場 八代市立博物館未来の森ミュージアム特別展示室

                   主催 八代市・八代市教育委員会・八代市文化協会

                   主管 白竜会

                   時間 9時〜17時(最終日は16時まで)

                   ※入場無料

                  ※表彰式は 23日(日)13時30分より 同展示室にて行われます。

                  美しい書と向き合っていると、こちらの背筋もピンッと伸びるようです。お書きになった方々の真摯な思いがこもっているからでしょう。ぜひご来場ください。

                   

                  ちょうど、1階常設展示室では、いにしえの天皇や公家の美しい書を展示しています。あわせてご覧いただくと、書の世界がいっそうお楽しみにいただけると思います。常設展示は有料ですが、中学生以下の方は無料です。書道を学んでいる子どもたちにぜひ見てほしい展示です。

                  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/kohitsu/2018kohitsu.html

                   

                  八代市立博物館未来の森ミュージアム

                  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                   

                  mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 09:45 * - * -

                  平成30年度秋季特別展覧会「ザ・家老」展のポスターが出来ました!

                  0

                     本年度の秋の特別展覧会は「ザ・家老 松井康之と興長」と題して、八代城主を勤めた松井家の初代康之と興長の生きざまに迫る特別展を開催します。来月10月19日(金)から始まるこの展覧会に先立ち、本日展覧会ポスターのまきまき作業(発送作業)を行いました。

                     市内の公共施設、全国各地の美術館・博物館等に配布しますので、このポスターを見かけた方はぜひ近寄ってご覧ください。もしよろしければ、「わぁこの展覧会面白そう。これは絶対行かなくちゃ」と周りの人に聞こえるように独り言を言っていただくとウレシイデス。よろしくお願いします!

                    一枚ずつ、「いいところに貼ってもらってね〜」「目立て〜」「お客さん来て〜」と念を入れながら巻いています。

                     

                     

                    平成30年度秋季特別展覧会「ザ・家老 松井康之と興長」紹介ペ―ジはこちらです。出品リストも掲載しています。http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2018/2018_aut.html

                    mirainomori * 特別展 * 11:26 * - * -

                    八代市文化祭「市民写真展」 開催中〜9月17日(月・祝)まで

                    0

                      平成30年度八代市文化祭 「市民写真展」

                       会期 9月11日(火)〜9月17日(月・祝)

                       会場 八代市立博物館未来の森ミュージアム特別展示室

                       主催 八代市・八代市教育委員会・八代市文化協会

                       主管 八代市写真連盟

                       時間 9時〜17時(最終日は16時まで)

                       ※入場無料

                       

                       本年度の八代市文化祭の「市民写真展」が博物館にて始まりました。ぜひご来場ください。

                       

                      八代市立博物館未来の森ミュージアム

                      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                      mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 09:20 * - * -
                      このページの先頭へ