<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

○八代市文化祭「八代市写真連盟 市民写真展」 はじまりました!

0

    ○八代市文化祭「八代市写真連盟 市民写真展」 はじまりました!

     八代市写真連盟の「市民写真展」がはじまりました。博物館特別展示室にて、9月24日(日曜日)まで。入場無料。

     会場に掲げられた「ごあいさつ」には次のように書かれています。「写真の本質に触れ、写真の価値を見いだし、写真を愛し、写真を楽しみたいと活動しています。」 楽しんで撮った写真を、たくさんの方に見ていただけるこの機会を楽しみにされていることと思います。皆さまも、楽しい時間を過ごしにぜひ会場へお越しください。

     

    会場には、文化祭のステージや展示会場の写真の展示・プレゼントコーナーがあります。お心当たりの方はぜひお出かけください。

     

    ○八代市立博物館特別展示室を会場とする八代市文化祭(入場無料)

    9月5日(火曜日)〜10月9日(祝日・月曜日)

    書道展(八代書道連盟)9月5日〜10日(終了しました)
    書道展(白竜書道会)9月12日〜18日(終了しました)
    写真展(八代市写真連盟)9月20日〜24日(開催中)
    美術展(八代美術協会)9月26日〜10月1日
    写真展(八代市写真愛好会)10月3日〜10月9日

    ※八代市文化祭に関するお問合せは、八代市文化振興課まで(電話0965-33-4533)

    http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0037759/index.html

     

    ○博物館へお越しの節は、ぜひ常設展示室もごらんください。

    松井文庫2「描かれた妖怪たち」 開催中〜10月15日(日曜日)まで。

     江戸時代の人々の豊かな想像力を物語る妖怪たちの姿をお楽しみください。   

     http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/picture/2017yokai.html

     

    博物館観覧料

      常設展料金 一般300円(240円)、高大生200円(160円) 

      ※中学生以下無料  ※(  )内は20名以上の団体料金

    開館時間  9時00分〜17時00分(入館は16時30分まで)

    休 館 日   毎週月曜日  

    博物館ホームページ  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

     

    ただいま、博物館向かいの国名勝「松浜軒」内展示室にも「百鬼夜行図」を展示しています。そのほか「朝顔生写図巻」、ガラスの器など残暑を忘れる涼やかな作品が並んでいます。こちらもあわせてお楽しみください。

    松浜軒展示のご案内 http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036734/index.html

    mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 13:10 * - * -

    八代市立博物館友の会【日帰り】研修旅行のご案内(10月25日実施)

    0

      ○八代市立博物館友の会【日帰り】研修旅行のご案内

      ”「熊本のやきもの」展鑑賞と鍋島藩の秘窯・大川内山を巡る旅”

       この秋、陶磁器の研究・展示で名高い佐賀県立九州陶磁文化館にて、熊本の陶磁器を一堂に紹介する「熊本地震復興祈念 特別企画展 熊本のやきもの〜近世から現代まで、火の国の陶磁文化〜」が開催されます。当館からも八代焼(高田焼)や漆川内焼など11件28点を出品します。熊本の陶磁器の名品を一度に見ることができるまたとない機会です。

       そこで、八代市立博物館友の会では、この展覧会を贅沢に味わい尽くす鑑賞ツアーを企画しました。ツアーには当館学芸員が随行し、九州陶磁文化館では本展を担当された学芸員の方に解説をお願いしてあります。江戸時代に鍋島藩直営の窯が置かれた大川内山(伊万里市)の散策と、佐賀の某グルメさん推奨の日本料理店での昼食も予定しています。ふるってご参加ください。(参加には友の会会員であることが要件です。未会員の方はご入会いただければ参加できます。)

       

      ◆期  日 平成29年1025日(水) 午前7時 集合・出発

      ◆集合場所 八代市立博物館駐車場

      ◆旅行費用 8,000円(交通費、昼食代が含まれます。代金は旅行当日徴収します。)

      ◆募集定員 30名(※先着順、定員になり次第締め切ります。)

      ◆コ ー ス 八代市立博物館(7:00)→八代IC〜武雄北方IC→大川内山(自由散策10:00〜11:30)→昼食(12:00〜13:00)→九州陶磁文化館(13:15〜15:00)→波佐見有田IC〜八代IC→八代市立博物館(18:00)

      ◆展示解説 佐賀県立九州陶磁文化館主幹 徳永貞紹先生

      ◆随  行 八代市立博物館学芸員 石原・宮原

      ◆申込方法 博物館友の会事務局(担当:宮原)まで電話でお申込みください。0965−34−5555

       

      「熊本地震復興祈念 特別企画展 熊本のやきもの〜近世から現代まで、火の国の陶磁文化〜」

      平成29年10月6日(金)〜11月26日(日)

      ◇佐賀県立九州陶磁文化館ホームページ

      http://saga-museum.jp/ceramic/

       

      ◇八代市立博物館友の会について(年会費2000円でいろいろな特典があります)

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2016/pdf/tomonokai.pdf

       

      このページは、八代市立博物館未来の森ミュージアムの情報をお伝えするブログです。

      博物館ホームページ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

      mirainomori * 友の会 * 14:04 * - * -

      八代市文化祭 白竜会書道展 (開催中〜9月18日まで)

      0

        ○八代市文化祭「白竜会書道展」 はじまりました!

         こちらの書道展も芸術的です。子供たちの元気な作品も並んでいます。博物館特別展示室にて、9月18日(祝日・月曜日)まで。入場無料です。ぜひお越しください。

         

        八代市立博物館特別展示室を会場とする

        ■八代市文化祭(入場無料) 9月5日(火曜日)〜10月9日(祝日・月曜日)

        書道展(八代書道連盟)9月5日〜10日(終了しました)
        書道展(白竜書道会)9月12日〜18日(開催中)
        写真展(八代市写真連盟)9月20日〜24日
        美術展(八代美術協会)9月26日〜10月1日
        写真展(八代市写真愛好会)10月3日〜10月9日

        ※八代市文化祭に関するお問合せは、八代市文化振興課まで(電話0965-33-4533)

        http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0037759/index.html

         

        ○博物館へお越しの節は、ぜひ常設展示室もごらんください。

        松井文庫2「描かれた妖怪たち」 開催中〜10月15日(日曜日)まで。

         江戸時代の人々の豊かな想像力を物語る妖怪たちの姿をお楽しみください。   

         http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/picture/2017yokai.html

         

        博物館観覧料

          常設展料金 一般300円(240円)、高大生200円(160円) 

          ※中学生以下無料  ※(  )内は20名以上の団体料金

        開館時間  9時00分〜17時00分(入館は16時30分まで)

        休 館 日   毎週月曜日  

        博物館ホームページ  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

         

        ただいま、博物館向かいの国名勝「松浜軒」内展示室にも「百鬼夜行図」を展示しています。そのほか「朝顔生写図巻」、ガラスの器など残暑を忘れる涼やかな作品が並んでいます。こちらもあわせてお楽しみください。

        松浜軒展示のご案内 http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036734/index.html

        mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 12:09 * - * -

        博物館で中学生が「職場体験」

        0

          ○博物館で「職場体験」をしてもらいました。

           9月6日、7日の2日間、泉中学校2年生が、博物館で「職場体験」をしました。博物館活動の主な柱である「資料収集・保管」「展示」「調査研究」をはじめ受付や警備、施設管理など、博物館を支えるさまざまな仕事を体験したり、職員の話を聞いてもらったりしました。最後の時間に「博物館を広報する」というテーマで、2日間の体験をまとめてもらいました。

           この経験が将来何かの役に立ったら嬉しいなぁと職員一同願っています。

          博物館では、中学生絶賛の妖怪絵巻や鐔など「昔のすごく珍しい物がたくさん展示してあります。みなさまぜひいらっしゃってください。お待ちしております。」

           

           

           

           

          博物館観覧料

            常設展料金 一般300円(240円)、高大生200円(160円) 

            ※中学生以下無料  ※(  )内は20名以上の団体料金

          開館時間  9時00分〜17時00分(入館は16時30分まで)

          休 館 日   毎週月曜日  

          博物館ホームページ  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

          mirainomori * その他 * 15:49 * - * -

          芸術の秋です!八代市文化祭「八代書道連盟・書道展」 はじまりました!

          0

            ○八代市文化祭「八代書道連盟・書道展」 はじまりました!

             書という文化があることが誇らしい作品の数々が並んでいます。「一華開五葉」(いっけごようをひらく)。先月まで展示していた国指定重要文化財「平石如砥墨跡」にも書かれていた一文を見つけました。ほかにも「韜光養徳」(ひかりをつつみとくをやしなう)、「辭達而已矣」(じはたっするのみ)など、「座右の銘です」と言ってみたいカッコイイ言葉がたくさんありました。

             八代書道連盟・書道展は博物館特別展示室にて、9月10日(日曜日)まで。入場無料です。ぜひお越しください。

            八代市立博物館特別展示室を会場とする

            ■八代市文化祭(入場無料) 9月5日(火曜日)〜10月9日(祝日・月曜日)

            書道展(八代書道連盟)9月5日〜10日
            書道展(白竜書道会)9月12日〜18日
            写真展(八代市写真連盟)9月20日〜24日
            美術展(八代美術協会)9月26日〜10月1日
            写真展(八代市写真愛好会)10月3日〜10月9日

            ※八代市文化祭に関するお問合せは、八代市文化振興課まで(電話0965-33-4533)

             

            ○博物館へお越しの節は、ぜひ常設展示室もごらんください。

            松井文庫2「描かれた妖怪たち」 開催中〜10月15日(日曜日)まで。

             江戸時代の人々の豊かな想像力を物語る妖怪たちの姿をお楽しみください。   

             http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/picture/2017yokai.html

             

            博物館観覧料

              常設展料金 一般300円(240円)、高大生200円(160円) 

              ※中学生以下無料  ※(  )内は20名以上の団体料金

            開館時間  9時00分〜17時00分(入館は16時30分まで)

            休 館 日   毎週月曜日  

            博物館ホームページ  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

             

            ただいま、博物館向かいの国名勝「松浜軒」内展示室にも「百鬼夜行図」を展示しています。そのほか「朝顔生写図巻」、ガラスの器など残暑を忘れる涼やかな作品が並んでいます。こちらもあわせてお楽しみください。

            松浜軒展示のご案内 http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036734/index.html

            mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 10:09 * - * -

            松井文庫常設展示室「描かれた妖怪たち」展

            0

              ○1階松井文庫展示室を「描かれた妖怪たち」に展示替しました。8月29日(火)〜10月15日日(日) 

               博物館周辺でもポケモン採集している方々をお見かけします。現代でも大人気の妖怪たちのルーツのひとつに、江戸時代に流行したさまざまな妖怪図鑑があります。松井文庫に伝来する「百鬼夜行図」「化物婚礼絵巻」は、昨年、江戸東京博物館・大阪あべのハルカス美術館を巡回した「大妖怪展」にも出品された全国的に有名な作品です。江戸時代の人々の豊かな想像力を物語る江戸時代の妖怪たちの姿をお楽しみください。   

               http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/picture/2017yokai.html

               

              博物館観覧料

                常設展料金 一般300円(240円)、高大生200円(160円) 

                ※中学生以下無料  ※(  )内は20名以上の団体料金

              開館時間  9時00分〜17時00分(入館は16時30分まで)

              休 館 日   毎週月曜日  

              博物館ホームページ  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

               

              ただいま、博物館向かいの国名勝「松浜軒」内展示室にも「百鬼夜行図」を展示しています。そのほか「朝顔生写図巻」、ガラスの器など残暑を忘れる涼やかな作品が並んでいます。こちらもあわせてお楽しみください。

              松浜軒展示のご案内 http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0036734/index.html

              mirainomori * 松井文庫関係 * 16:29 * - * -

              ○探してみよう!やつしろの宝もの 作品紹介 vol.8

              0

                ○探してみよう!やつしろの宝もの 作品紹介 vol.8

                出品番号49  伝懐良親王御遺品 

                  一括 個人蔵 八代市指定有形文化財 八代市立博物館蔵 昭和56年12月9日指定

                 

                「山ふかく われからむすふ草乃庵に 人もすむとや 月のもるらん」

                 

                 

                 懐良親王のご下向にお供して、八代に来た中村左兵衛敏成が、親王から賜った遺品として伝えられている6点のうちの一つで、「懐良親王御短冊」と伝えられています。昭和6年、昭和天皇来熊時に天覧されて以来、八代では初公開となります。

                 懐良親王は、御醍醐天皇の皇子で征西将軍となり、九州南朝勢力の支柱として九州各地を転戦。八代市妙見町に懐良親王御墓があり、明治13年八代城跡に懐良親王を祭神とする八代宮が創建されるなど、八代とゆかりの深い人物です。
                 

                 

                 八代の指定文化財を一堂に展示した「探してみよう!八代の宝もの」展は、いよいよ8月27日まで。お見逃しなく!

                 

                 

                *****

                夏季特別展覧会「探してみよう!やつしろの宝ものー指定文化財大集合ー」

                2017年7月14日(金)〜8月27日(日)

                開館時間:9時から17時(ただし入館は16時30分まで)

                入館料:小中学生は無料 大人400円 高大生300円

                夏季特別展覧会ページ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_sum.html

                mirainomori * 特別展 * 17:52 * - * -

                探してみよう!やつしろの宝もの 作品紹介 vol.7

                0

                  ○探してみよう!やつしろの宝もの 作品紹介 vol.7

                  出品番号9  鐔(つば) 林又七 三階松透 

                    1枚 鉄地 縦7.7cm 幅7.6cm 江戸時代前期(17世紀)

                    八代市立博物館蔵 熊本県指定重要文化財 昭和38年7月23日指定

                   

                   わずか8センチ足らずの鉄の板に、どうしてこんなに心うばわれるのでしょうか。

                   鐔とは、刀の柄と鞘の間に挟み、相手の刃から自分の手を守るための実用的な金具です。そのため、簡単には割れない強靭さが必要です。

                   この鐔は、よく鍛えた鉄地を大胆に透かし彫りにし、松の樹を配しています。

                   ぷっくりとした枝ぶり、のびやかに彫られた線、縁取りの鉄部分の細いこと、丸の中の絶妙な配置…。

                   本展を見学した10歳の男の子が、一番印象に残った作品としてこの鐔をあげてくれました。「どうしてかというと、ぼくのすきな丸い中に森がかいてあっていんしょうにのこったからです。」 確かに、この鐔は鉄地部分は少ないのに、森のような豊かさがあります。10歳の子供の目にも、魅力ある形として映ったこの鐔の技量に改めて感心しています。

                   

                   この鐔の作者とされる林又七(はやしまたしち、1613〜1699)は、肥後金工を代表する名工で、本作品は『肥後金工大鑑』にも収録され、古くから又七の優品として知られています。ぜひ、会場で実物をごらんんください。

                  八代の指定文化財を一堂に展示した「探してみよう!八代の宝もの」展は、いよいよ8月27日まで。お見逃しなく!

                   

                   

                  *****

                  夏季特別展覧会「探してみよう!やつしろの宝ものー指定文化財大集合ー」

                  2017年7月14日(金)〜8月27日(日)

                  開館時間:9時から17時(ただし入館は16時30分まで)

                  入館料:小中学生は無料 大人400円 高大生300円

                  夏季特別展覧会ページ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_sum.html

                  mirainomori * 特別展 * 11:51 * - * -

                  探してみよう!やつしろの宝もの 作品紹介 vol.6

                  0

                    ○探してみよう!やつしろの宝もの 作品紹介 vol.6

                    出品番号24 宮本武蔵作大木太刀(木刀) 

                    1口 樫材 一般財団法人松井文庫蔵 江戸時代前期(17世紀)

                     

                     この展覧会で、いちばんお客様の人気を集めているのが、この宮本武蔵作と伝えられる木刀です。「ええッ??これほんものぉ??」と叫んでいる方をよくお見かけします。ハイ本物です。宮本武蔵が、八代城主松井寄之の求めに応じ、巌流島で使った木刀を自ら摸して作り、寄之に献上したもの、と伝えられています。数十年前に「世界ふしぎ発見」に登場したことを覚えていて、「それ以来、ずっと見たかったぁ!見ることができて感激したぁ!」という方もおられました。(ちなみにこの木刀が、源武堂さんで販売されている復刻木太刀の原型です。)

                     

                     松井家と武蔵の関係は深く、武蔵が細川家に客分として迎えられることを世話したのが寄之の父松井興長でした。松井家では、武蔵の臨終をみとった弟子たちを召し抱えたり、武蔵没後もその伝記をまとめる家臣がいたり、武蔵のゆかりの品々が数多く伝えられています。

                     武蔵が熊本に来ることになったいきさつを示す武蔵から興長あての書状も今回展示しています。武蔵の直筆書状としては全国で2通しか確認されていないうちの1通で、熊本県指定重要文化財です。そのほか、武蔵が作ったと伝えられる鞍や武蔵が描いた達磨浮鴨図など、武蔵関連の資料をまとまって見ることができるめったにない機会です。

                     ついでながら、下記の布バックは、武蔵木刀と武蔵書状をデザインした本館オリジナルの布バックです。600円。むしゃんよかでしょ? ぜひお求め下さい。

                    八代の指定文化財を一堂に展示した「探してみよう!八代の宝もの」展は、8月27日まで。お見逃しなく!

                     

                     

                    *****

                    夏季特別展覧会「探してみよう!やつしろの宝ものー指定文化財大集合ー」

                    2017年7月14日(金)〜8月27日(日)

                    開館時間:9時から17時(ただし入館は16時30分まで)

                    入館料:小中学生は無料 大人400円 高大生300円

                    夏季特別展覧会ページ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_sum.html

                    mirainomori * 特別展 * 18:15 * - * -

                    探してみよう!やつしろの宝もの 本の紹介

                    0

                       ただいま、開催中の夏季特別展「探してみよう!やつしろの宝もの」は、八代にある指定文化財50件を集めた展覧会です。八代には国・県・市の指定や登録、選択となった文化財が239件もあります。展覧会をご覧いただき、「もっと八代の文化財を知りたい!」「直接、見に行ってみたい!」という方にオススメのガイドブックがあります。

                       その名も、「代をる知るえる八見伝(はっけんでん)」という本です。展覧会に出品されている文化財はもちろん、八代にある古代から近代にいたる文化財をほとんど網羅。文化財をたどりながら、八代の歴史もたどることができる本です。指定文化財一覧、マップもついていて、文化財探訪のおともにも最適。ぜひ、お求めいただき、八代を再発見してください。

                       

                      文化遺産ガイドブック「代をる知るえる八見伝(はっけんでん)」

                      A4変形、200頁、400円、オールカラー

                      発行者 八代市文化振興課

                      発行年 2017年3月

                      ※展覧会期中、博物館受付で販売しています。郵送ご希望の方は発行元(文化振興課0965−33−4533)にお問合せください。

                       

                      *****

                      夏季特別展覧会「探してみよう!やつしろの宝ものー指定文化財大集合ー」

                      2017年7月14日(金)〜8月27日(日)

                      開館時間:9時から17時(ただし入館は16時30分まで)

                      入館料:小中学生は無料 大人400円 高大生300円

                      夏季特別展覧会ページ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_sum.html

                      mirainomori * 特別展 * 09:53 * - * -
                      このページの先頭へ