<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

円山応挙展、いよいよ6月4日まで

0

    ○開催中の円山応挙展が、5月28日(日曜日)、来場者一万人に達しました。多くの方にご来場いただき、本当に有難うございました。

    いよいよ、会期は今週末(6月4日日曜日)までとなっております。応挙作品のすばらしさを多くの方にご堪能いただければ幸いです。

     

    熊本地震復興祈念「円山応挙〜京都相国寺と金閣・銀閣の名宝展ふたたび〜」

    会  場 八代市立博物館未来の森ミュージアム
    会  期 6月4日(日曜日)まで
    開館時間 9時〜17時(入館は4時30分まで)
    観 覧 料 一般600円(480円) 高大生400円(320円)
         中学生以下は無料 ( )内は20名以上の団体料金
    主  催 八代市立博物館未来の森ミュージアム・八代市
    特別協力 相国寺承天閣美術館

     

    八代市立博物館未来の森ミュージアムホームページ

    http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

    mirainomori * 特別展 * 11:32 * - * -

    今週の博物館 5月23日〜28日

    0

      今週(5月23日〜28日)の博物館の催しをご案内します。

      ○「円山応挙―京都相国寺と金閣・銀閣の名宝展ふたたび―」は残り12日となりました。連日300名を超すお客様にお越しいただいております。お車の方は、駐車場が満車の場合は、隣接する駐車場へ係員がご案内しておりますので、ご協力いただきますようお願い申し上げます。本展覧会は6月4日まで。この機会にぜひご来館ください。

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_sp.html

       

      毎日新聞の写実と独創、無二の応挙 熊本・八代、未来の森ミュージアムで 震災で中止、「復興祈念」の開催”と題し、くわしく取り上げていただきました。記者の方の八代への愛と我々へのエールを感じました。有難うございました。

      https://mainichi.jp/articles/20170521/ddp/014/040/004000c

       

      これまでに、応挙展へ寄せられたお客様からのアンケート。その数の多さと内容にわたしたちも励まされています。

       

      ○常設展示「和紙コーナー」を「さまざまな和紙の用途」から「和紙いろいろ」に展示替えしました。7月9日まで。

       

       

      八代市立博物館未来の森ミュージアム

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

       

       

       

       

       

      mirainomori * 博物館からのお知らせ * 14:33 * - * -

      今週の博物館 5月16日〜21日

      0

        今週(5月16日〜21日)の博物館の催しをご案内します。

        ○開催中の特別展「円山応挙展」は会期後半に入りました。国指定重要文化財「七難七福図巻」3巻を場面替えしました。会期前半とは違う場面を展示していますので、すでにご来館いただいた方も、ぜひもう一度ご来場ください。

         おかげをもちまして、連日多くの方にご来場いただいております。図録など関連グッズの売れ行きも好調です。会期は6月4日(日曜日)までです。

         

        ○5月18日(木曜日)、特別展会場で熊本放送(RKK)ウエルカムの生中継が行われます。

        ご観覧の皆様のお邪魔にならないよう留意いたします。番組のほうもぜひご覧ください。番組放送は15:00から、博物館登場は15:30から5分ほどの予定です。 http://www.rkk.jp/welcome/ (放送内容は当日の状況に変更になることもございます)

         

        ○5月20日(土曜日)八代市立博物館友の会の平成29年度総会が開催されます。

        開始時間:14時から 会場:博物館講義室

        友の会会員の方はご参加ください。

         

        ○5月20日(土曜日)八代市立博物館友の会主催特別講演会が開催されます。聴講は無料です。会員以外の方でも、どなたでもご参加いただけます。

        演題 「中世の古麓はどんな街?」

        講師 青木勝士氏(熊本県立図書館学芸主事) 時間 15時から16時30分 会場:博物館講義室

         八代にあった最初のお城「古麓城」跡の発掘調査に携わったご経験のある青木勝士氏に古麓城時代の八代についてお話しいただきます。どなたでもご参加いただけます、ご来場お待ちしております。

         聴講無料、事前申込不要(定員80名程度・先着順)

         

        八代市立博物館未来の森ミュージアム

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

         

         

        ○博物館周辺情報

         博物館向かいの国指定名勝「松浜軒」では、庭内の展示室で「松井家の茶道具−高麗茶碗と肥後の茶器−」を開催されています。千利休書状なども展示(6月4日まで)。博物館へお越しの際は、ぜひ松浜軒へもお立ち寄りください。

         ※5月16日時点で、庭内の肥後花菖蒲はまだ咲き始めていないようですが、新緑の美しさは見事です。

         http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0037137/index.html

         

        mirainomori * 博物館からのお知らせ * 11:46 * - * -

        今週の博物館 5月9日〜14日

        0

          今週(5月9日〜14日)の博物館をご案内します。

          ○5月9日(火曜日)〜14日(日曜日)は通常通り開館します。

          おかげをもちまして、開催中の特別展「円山応挙」展は連休中に5,500人を超えました。「実物はやはりすごい。」「見れて感激!」などのお声をいただいています。図録など関連グッズの売れ行きも好調です。会期は6月4日(日曜日)まで。ぜひご来場ください。

           

          ○5月13日(土曜日)は古文書講座上級編の開講日です。14:00〜

          通常、毎月第3土曜日が開講日ですが博物館の都合により、日時を変更していますので、お間違えないようお知らせします。

          ※古文書講座上級編は、八代古文書の会主宰の蓑田勝彦先生を講師に、ある程度古文書を読むことができる方を対象に、毎月第3土曜日に博物館講義室にて、開講している講座です。参加ご希望の方は博物館までお問合せください。(0965−34−5555)

           

          八代市立博物館未来の森ミュージアム

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

           

           

          ○博物館周辺情報

          ・5月12日・13日・14日、八代市で「第23回九州国際スリーデーマーチ」が開催されます。世界中から八代に参加者がお越しになります。大会の合間に「どこか見に行くところは?」と尋ねられたら、ぜひ博物館と松浜軒、八代城跡などをオススメください。

           大会ホームページ http://3day.yatsushiro.jp/march/

           

          ・5月13日、八代港に大型クルーズ船(クアンタム・オブ・ザ・シーズ、16.7万邸砲入港します。 

           クルーズ船の寄港情報はこちら(熊本県HP) http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_19485.html

           

          ・5月13日・14日、福岡市役所周辺で、妙見祭など「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録を記念するイベントが開催されます。八代から妙見祭の笠鉾「菊慈童」、笠鉾「蜜柑」、亀蛇が参加します。福岡近隣にお住まいの方は、ぜひ見に行かれてください。

           くわしくはこちら http://www.city.yatsushiro.lg.jp/bunka/kiji0037102/index.html

          mirainomori * 博物館からのお知らせ * 12:16 * - * -

          今週の博物館 5月2日〜7日

          0

            今週(5月2日〜7日)の博物館をご案内します。

            ○5月2日〜7日は通常通り開館しております。

            開催中の「円山応挙」展には、連日たくさんのお客様にお越しいただき、まことに有難うございます。

            5月3日から祝日・土日が続き、とくに5月5日(こどもの日)は博物館無料公開日となっております。

            この間、多少混み合うことが予想されますので、博物館裏の駐車場が満車の場合は、隣接地の駐車場を係員がご案内いたしますので、誘導に従ってご駐車いただきますようお願い申し上げます。


             

            ○5月3日放送のNHK番組に本館学芸員が協力しています。

            番組名 「究極のおもてなし〜天下を動かした一服の茶〜」

            放送時間 午前8時15分〜9時 

            【出演者】 鈴木保奈美,作家…葉室麟,東京大学名誉教授・建築家…藤森照信,上田宗箇流十六代家元…上田宗冏,八代市立博物館未来の森ミュージアム学芸員…林千寿

            http://www4.nhk.or.jp/P4459/x/2017-05-03/21/31501/2608094/

            ぜひご覧ください。

             

            八代市立博物館未来の森ミュージアム

            http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

             

            ○博物館お向かいの松浜軒では「松井文庫の茶道具ー高麗茶碗と肥後の茶器ー」展示中。

            庭内の展示室では、千利休書状や狩野探幽の絵画など松井家に伝来する貴重な書画・茶道具が展示されています。新緑もいちばん美しい季節です。博物館ご来館の際には、ぜひ松浜軒もお訪ねください。くわしくはこちらをごらんください。

            http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0037137/index.html

            mirainomori * 博物館からのお知らせ * 22:10 * - * -

            円山応挙展、無事開幕しました!

            0

              4月21日、円山応挙展が無事開幕しました。初日から多くの方にお越しいただいています。6月4日まで、応挙とその弟子たちの作品のすばらしさとご堪能ください。

              新聞各紙にも取り上げていただきました。有難うございました。

              名作、地震越え輝く 「円山応挙展」、八代市で開幕 (熊本日日新聞)

              https://news.goo.ne.jp/article/kumanichi/region/kumanichi-20170422093238.html

              1年越し復興の応挙展 開幕前夜、熊本地震で中止 八代の博物館、無傷で全作品返す (西日本新聞)

              https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/323350

               

              mirainomori * 特別展 * 07:40 * - * -

              「円山応挙〜京都相国寺と金閣・銀閣の名宝展ふたたび〜」開幕

              0

                「円山応挙〜京都相国寺と金閣・銀閣の名宝展ふたたび〜」

                 

                 今日4月21日からいよいよ開幕です。
                 本展は、昨年4月15日開会予定でしたが地震により中止。所蔵者のご厚意により再び開催の運びとなりました。
                 展示作品のひとつ、応挙の代表作で重要文化財「七難七福図巻」は、大津の僧祐常の依頼で制作(1768年完成)。火事や洪水などさまざまな災いがあるものの仏道に帰依し、つつましく生きれば幸せが訪れると説いた作品。地震に遭い逃げ惑う人々や、長寿を祝う幸福な場面などを卓越した写生力で描いています。そのほか、応挙らの魅力を堪能できる作品が並んでいます。

                 この展覧会は6月4日まで。ぜひご来場ください。


                 

                 

                くわしくはこちらをごらんください。

                http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_sp.html

                mirainomori * 特別展 * 06:47 * - * -

                今週の博物館 4月21日〜23日

                0

                  いよいよ21日から「円山応挙」展、開幕!

                   

                  21日から特別展「円山応挙」展がはじまります。その準備のため20日まで閉館しています。

                   

                  看板も立ちました。また、美しい孔雀がこの地にふたたび舞い降りてくれました。感無量です。

                  月曜日は展示室をピカピカにして、作品が入るのに備えました。

                   

                  21日は9時30分から開会式を執り行います。京都相国寺から有馬鯆赭媛爾發棺仞瞥縦蠅任后

                   

                  多くの皆様にご鑑賞いただきますよう願っております。

                   

                  八代市立博物館未来の森ミュージアム

                  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_sp.html

                   

                   

                  mirainomori * 特別展 * 17:24 * - * -

                  中井和憲写真展 4月11日〜16日

                  0

                    中井和憲写真展「九州脊梁山地の思い出」 (入場無料)

                    会  場 八代市立博物館特別展示室

                    会  期 4月11日(火曜日)〜16日(日曜日)

                    開館時間 9時〜17時

                     四季折々の山の風景を撮影した中井和憲さんの写真展です。キャプションには、絞りやシャッタースピード、使用レンズなどの撮影データも細かく記しておられます。一足先に展示を見せていただいた職員たちはしきりに「きれいね〜きれいね〜」を連発。

                     写真好きの方はもちろん、山歩きがお好きな方、草花がお好きな方などなど、ぜひご来場ください。

                     

                    八代市立博物館未来の森ミュージアム

                    http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                    mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 01:57 * - * -

                    今週の博物館 4月11日〜16日

                    0

                      今週( 4月11日〜4月16日)の博物館ニュースをお伝えします。

                       

                      ○博物館常設展示室金工コーナーを展示替しました。

                       今回の展示は「肥後鐔鑑賞入門」がテーマです。博物館1階常設展示室にて、10月15日まで。

                       江戸時代、肥後で発達した金工は、武将でありすぐれた茶人でもあった細川三斎の好みを反映していると言われています。八代は三斎が晩年を過ごし、三斎の影響を受けた金工職人らが活躍した地であることから、当館では肥後鐔の収集に力を入れています。わが国の金工史の中でも高く評価されている肥後鐔について、四大流派、材質、見どころなど鑑賞ポイントをわかりやすく展示しています。

                       肥後で作られた金具でコーディネイトされた刀の拵(こしらえ)を肥後拵(ひごごしらえ)と呼んでいます。今回は、館蔵の肥後拵も1点展示。江戸時代の熊本の武士が好んだ、しぶ〜くて、ちょっと古めかしいところがカッコイイ肥後拵の特徴がわかると思います。

                       近頃、三斎が所持した刀の拵(こしらえ)「歌仙兼定(かせんかねさだ)」がブームになっており、三斎ゆかりの八代を訪ねてくる若者も多いようです。楽しんでいただけると嬉しいです。

                      こちらのページにて展示リストがごらんいただけます。各作品の画像、データも一部ご覧んいただけます。

                      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/04.html

                       

                      ○「新収蔵品展」いよいよ4月16日まで。1階第2常設展示室にて。お見逃しなく。

                      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2017_new.html

                       

                      ○中井和憲写真展 2階特別展示室にて。入場無料。4月11日〜16日まで。

                      博物館の展示・催しものについて、くわしくはこちらをごらんください。

                      http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0035363/index.html

                       

                      八代市立博物館未来の森ミュージアム

                      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                       

                       

                      mirainomori * 博物館からのお知らせ * 23:51 * - * -
                      このページの先頭へ