<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

冬季特別展「福よ来いー吉祥文様の世界ー」開催のご案内

0

    冬季特別展「福よ来いー吉祥文様の世界ー」開催のご案内

     本年度の冬季特別展覧会は、「福よ来いー吉祥文様の世界ー」と銘打って、2月9日(金曜日)より開催いたします。吉祥文様(きっしょうもんよう)、すなわち、縁起のよい、おめでたい文様で飾られた絵画や陶磁器、衣装など60点余を展示します。当館及び松井文庫が所蔵する、ありとあらゆるおめでたい品々を集めてみました。どうぞお楽しみに。

     

     多くの方に「福が来ますように」と願いを込めた展覧会です。偶然にも、開会日は2月9日(金)、(2)(9)の日で大安吉日。ポスターに選んだ作品も、「福」田太華筆の鳳凰図や竹梅「鯉」(=来い)文様筥迫など、「福よ来い」の語呂合わせになっている(あとで気づいた)など、ほんとによいことがありそうな展覧会です。

     吉祥文様をはぐくんだ文化は、いわゆるポジティブシンキングの源流ではないでしょうか。先人たちの知恵と発想やデザイン力の豊かさをぜひ受け継いでいきたいものです。

     

     

    展覧会のくわしい内容はこちらをごらんください。

    http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2018_win.html

     

     

     

     

    mirainomori * 特別展 * 16:21 * - * -

    常設展示室 展示替のお知らせ

    0

      2018年1月9日(火)、常設展示室の一部を展示替し、10日(水)から公開しています。

      ○和紙コーナー「千代紙 松井文庫所蔵品より 」 2018年4月1日(日)まで

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/11.html

      松井文庫所蔵の和紙コレクションの中からちょっと遊び心のある千代紙を展示しています。昔の人のユーモアあふれるデザイン感覚をお楽しみいただけます。http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/pdf/washi6.pdf

       

      ○八代焼コーナー「飲食の器 めでたい飲食器 」 2018年4月1日(日)まで

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/03.html

      昔の人びとは、幸福が訪れるよう願いを込めて、暮らしの道具におめでたい文様をちりばめました。今回は、さまざまな形のおめでたい八代焼の飲食器を紹介します。八代焼の高雅な味わいが堪能できるセレクトです。

       

       

      ただいま、常設展示室でごらんいただける作品リストはこちらです。

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/pdf/2018‗per_ex1_list1₋3.pdf

       

      八代市立博物館未来の森ミュージアム

      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

       

      mirainomori * 常設展 * 17:12 * - * -

      初春の館蔵品紹介〜歳旦和歌懐紙〜

      0

        謹賀新年

        本年が皆様にとりまして、よい年となりますよう心より祈念いたします。

        本年も楽しくて、ためになる博物館事業を展開してまいりたいと存じますので、たくさんの皆様にご利用いただきますようよろしくお願い申し上げます。2018年は1月4日(木曜日)午前9時より開館いたします。

         

        さて、新年にふさわしい館蔵品をご紹介します。常設展示室「古文書を読む〜西山宗因の世界〜」にて展示中の「歳旦和歌懐紙(さいたんわかかいし)」という作品です。江戸時代(17世紀中頃)のあるお正月に、西山宗因(にしやまそういん)が大坂天満宮の神主さんたちと一緒に詠んだ和歌を宗因自身が書いたものです。さあ、どんな和歌が書いてあるのでしょう。

        「 元旦           

         常盤なる松もめつらし門乃春  宗因

         花鳥もさそはれなまし今朝の春 以春

         神代よりかはらぬや今日門の松 三春

         ゆたけさや君か代を知今日の春 吉種

         試る筆にや入し今朝の春    種定

         一年の本やつとむる今朝の春  安行

         山や雪此花そこれ今日の春   休可

         

         春霞たちにけらしなきのふより

         をちのたかねハ雪もけなくに  宗因   」

         

        新春にふさわしい気持ちのよい和歌です。声に出して、または、目でなぞるだけでもよいことがありそう、ですよ。今年一年、気持ちのよいことば、気持ちのよいふるまいを心がけることができたらいいな、と思います。

         

        この展示では、八代が生んだ連歌師・西山宗因の連歌作品や短冊などを紹介しています。宗因は、松尾芭蕉や井原西鶴に大きな影響を与えた人物として、昨今とくに注目されています。ぜひ、実物をごらんください。http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/05.html

         

         

        八代市立博物館未来の森ミュージアム

        http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

         

         

         

        mirainomori * 館蔵品紹介 * 00:00 * - * -

        年末年始の休館のご案内

        0

          年末年始の休館のご案内

          2017年は12月28日(木)まで開館いたします。2018年は1月4日(木)から開館いたします。

          2017年12月29日(金)から2018年1月3日(水)まで休館とさせていただきます。開館時間は9時〜17時です。

           

          12月25日(月)に下記コーナーの展示替をいたしました。

          ○松井文庫常設展示室「松井家の江戸参府」

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/picture/2017sanpu.html

          ○常設展示室:古文書を読むコーナー「西山宗因の世界」

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/05.html

          ○常設展示室:写真家麦島勝の世界コーナー「八代の風物〜冬〜」

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/mugishima.html

           

          また、2018年2月9日(金)から始まる冬季特別展覧会「福よ来い―吉祥文様の世界―」の情報をアップしました。どうぞお楽しみに!

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2017/2018_win.html

           

          年末年始の休館中も、博物館ホームページにて「麦島勝撮影写真アーカイブ」をご利用いただけます。ぜひご覧ください。

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/search/kyword303.jsp

          八代市立博物館未来の森ミュージアム

          http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

           

           

           

           

          mirainomori * 博物館からのお知らせ * 14:41 * - * -

          第44回 熊本県書道連盟展(八代会場) 12月24日まで

          0

            平成29年度 第59回熊本県芸術祭参加

            第44回 熊本県書道連盟巡回展(八代会場)

            会  場 特別展示室 入場無料

            会  期 12月22日(金)〜24日(日)

            開場時間 9時〜17時(最終日は16時まで)

            主  催 熊本県文化協会 熊本県書道連盟

             熊本県書道連盟の書家の方々による作品展です。すばらしい作品が並んでいます。最終日には講習会もあるようです。ぜひご来場ください。

            講習会 「墨色について」 

            講 師 中村太湯氏

            日 時 12月24日(日)14時30分〜16時 

            会 場 博物館講義室

             

            八代市立博物館未来の森ミュージアム

            http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

             

             

             

            mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 10:15 * - * -

            常設展示室 展示替のお知らせ

            0

              2017年12月18日(月)、常設展示室の一部を展示替し、19日(火)から公開しています。

              ○「むかしの道具」 2018年4月8日(日)まで

              http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/13.html

              ちょっと昔に使われていたくらしの道具を紹介しています。使い方がわかる世代には懐かしく、はじめて見る世代には新鮮に見えると思います。昔の人たちの知恵と苦労がしのばれます。

               

              ○「妙見祭 獅子組のヒミツ」 2018年4月1日(日)まで

              江戸時代から妙見祭に奉納されてきた獅子舞を継承する「獅子組」に伝わる貴重な史料を展示しています。博物館でしか見ることができない展示です。

               

              ただいま、常設展示室でごらんいただける作品リストはこちらです。

              http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex1/pdf/2017%20per_ex1_list12.pdf

               

              mirainomori * 常設展 * 11:45 * - * -

              八代市子ども美術展 開催中〜12月17日(日)まで

              0

                ○八代市子ども美術展 

                 12月12日(火曜日)〜17日(日曜日)

                 会場:博物館特別展示室  入場:無料

                 八代教育研究会図画工作・美術部会 主催

                 

                 毎年恒例の「八代市子ども美術展」です。八代市および氷川町の小・中・特別支援学校児童生徒の描画作品が展示されています。小学1年生から中学3年生まで、子供たちの心の成長、描写力・観察力の成長が作品に表れていて面白いです。指導された先生方のご尽力も垣間見えます。ぜひ、ご来場ください。

                 

                 

                 

                八代市立博物館未来の森ミュージアム

                http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 09:57 * - * -

                書美院 創立30周年記念作品展 開催中(12月10日まで)

                0

                  ○書美院  創立30周年記念作品展 

                   12月5日(火曜日)〜10日(日曜日)

                   会場:博物館特別展示室  入場:無料

                   

                   全国各地で書道教室を展開している書美院の創立30周年を記念する作品展です。昨年の熊本地震を受け、熊本を励ましたいと全国から作品を募られ、児童・生徒部門を初めて八代で単独開催されます。総作品数640点は博物館史上最多の点数です。熊本への思いがこもった作品の数々、元気でのびやかな子供たちの文字に、とても励まされました。

                  書美院のマスコットキャラクターふでっぽ、クーリン、ケンと一緒に写真も撮れます!

                  壮観!

                  中央下の「ゆめ」になんだか惹かれます。

                  書美院の会報「書美 5年・6年」(4月号)に、今回の展示趣旨が書いてありましたので、ご紹介します。

                  「熊本地震を受け、しばらく通常通りの教室運営ができないということや、会員が前向きに筆を持てない状況だという報告を受けております。そのような状況のなか、少しでも希望や目標を持って書に取り組んでもらいたいという願いを込めて、熊本県内の会員が少しでも足を運びやすい場所での開催をする運びとなりました。

                   熊本の書友を励ますために、想いのこもった力作で会場を埋めつくしたいと願っております。会場まで足を運べない立地の方も多くいらっしゃると存じていますが、お子様が様々な事に思いを巡らせて書くことや、その作品を熊本に届ける意義を感じていただき、出品を検討していただけますと幸いです。一点でも多くの作品をお寄せいただきますよう、心よりお願い申し上げます。

                   また来場が可能な方は、この機会に是非、熊本の地に足を運んでいただけますと、大変うれしく感じます。

                   書美院の仲間で団結し、思い出に残る、そしてこれからの未来につながるすばらしい作品展にしていただければ幸いです。」

                   

                  すばらしい作品展を、「未来」と名のつく当館にて開催していただき、まことにありがとうございます。希望や目標を持つことの大切さ、書の力、文化の力を多くの方に感じていただけると思います。ぜひご来場ください。

                   

                  八代市立博物館未来の森ミュージアム

                  http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                  mirainomori * 市民ギャラリー(貸会場) * 10:22 * - * -

                  第6回 やつしろ連歌会、盛会でした!

                  0

                    ○「第6回 やつしろ連歌会」盛会でした!

                     平成29年12月2日、博物館にて第6回目となる「やつしろ連歌会」を開催しました。40名以上の方にご参加いただき、会場一体となって行う44句の連歌づくりを体験していただきました。44句目が発表されたのは17時25分! 最後までお付き合いいただき、まことに有難うございました。来年もぜひご参加ください。

                     

                    連歌会会場の様子 正面に連歌の神様として崇められている菅原道真公の画像を掛けています。

                    宗匠の尾崎先生、執筆の竹島先生が、連歌のルールや作句のヒントをわかりやすく説明してくださいます。参加者の皆さんがそのつど詠んだ句の中から、次に連なる句を先生方が選んでいきます。自分の句が選ばれた方が、小さくガッツボーズをされているのが後ろからもわかりました。

                    会場では、辞書を繰ったり・・・

                    五・七・五・・・、指折り数えたり・・・。

                    句ができた方は短冊に書いて提出します。一度に10句くらい集まります。

                    次の句を選ぶ先生方もたいへんです。でも、楽しそう!

                    最後の44句目は、執筆の竹島先生が作られました、前の句と見事にマッチし、全体を締めくくるにふさわしい豊かな句でした。

                    最後に、宗匠の尾崎先生が参加者の方に賞を贈られました。

                    先生方のていねいなご助言により、連歌の楽しさをわかりやすく教えていただき、ベテランの方から若い方、初めて参加した方まで、楽しんでいただくことができたと思います。深く御礼申し上げます。

                    今回詠まれた連歌のご紹介は、また日を改めて。

                     

                     

                    八代市立博物館未来の森ミュージアム

                    http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                    mirainomori * 講演会・イベント * 18:00 * - * -

                    古文書講座 初級編 ご参加ありがとうございました。

                    0

                      ○古文書講座初級編、本日最終回。

                      9月から月2回ずつ開講しました「古文書講座初級編」全6回が、本日11月22日、無事最終回を迎えました。受講生の皆様、毎回熱心に聴講していただき、誠にありがとうございました。

                      古文書講座初級編では、江戸時代の古文書を一字一字を読み解いていくという内容で実施しています。今回教材としたのは、八代城主松井家の2代目興長の遺書でした。たくさんの遺書を残した興長の気持ちや、当時の時代背景を身近に感じていただけたものと思います。(遺書の内容↓)

                       

                      皆勤賞の方もたくさんおられました(^^♪。

                      はるか昔の人の息吹をリアルに感じる楽しさ、読めなかった文字が読める楽しさ等、古文書解読の醍醐味を体験していただけましたら幸いです。

                      引き続き古文書を勉強してみたい方は、古文書講座上級編も開講しています。随時受講者を受け付けていますので、博物館までご相談ください。講師は八代古文書の会の蓑田勝彦先生です。直近の開講日は、11月25日(土)14:00〜15:30です。

                      【古文書講座上級編】

                      + 日時 通年 第3土曜日 14:00〜15:30(博物館行事に伴い変更あり)
                      + 場所 博物館講義室 + 受講は無料
                      + 対象 古文書をある程度よむことのできるかた
                      + 申込方法 随時受付中(電話にてお問合せください。)
                       

                      八代市立博物館未来の森ミュージアム

                      http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

                       

                       

                       

                       

                      mirainomori * 講演会・イベント * 15:13 * - * -
                      このページの先頭へ